スポンサーサイト

  • 2017.01.05 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『meet,again.』 一穂ミチ

    • 2014.01.24 Friday
    • 23:41
    【あらすじ】
    大学構内の生協で働く嵐は、飲み会の席で栫(かこい)という学生と知り合いになる。どこか冷たい静けさを纏い、独特な言動をする栫と嵐はまったくタイプが違ったが、つかず離れずの友人関係は意外なほど長く続いている。そんなある日、嵐は心の内に抱え続けていた、母の死にまつわる秘密を栫に暴かれて──?
    ゆっくりと落ちてゆく心を計る砂漏の恋。その後の二人を描いた「hello,again.」も収録。






    『雪よ林檎の香のごとく』で彗星のごとく現れた完璧魔神・栫が
    更にスケールアップして帰ってきた!
    冷徹な微笑みの下に隠されたその淋しさに
    全俺が泣いた……!(大嘘)

    ◇◆◇


    存在を信じて疑わなかった栫スピンオフ。
    自室の一穂タワー(要するに積ん読)から
    「次なに読もっかなー」と何気なく手に取った本から『栫』の文字を見付けたときの自分の姿が
    今思い出しても滑稽なほどで。
    あらすじくらいチェックしてから買えよな!

    先生と志緒ちゃんの物語から5年ほど月日が流れており、
    栫は更にエキセントリックさに磨きがかかっておりました。

    さて嵐くん。
    とても真っ直ぐに生きている子だなぁと思いました。過去の後悔なんかも含めて。
    行き過ぎた悪口を諌めたり、ちゃんと悪いことは悪いと言える。周囲にも気を配り、場の空気が変にならないように気を遣える。
    悪目立ちするタイプでもなく、
    かといって真面目優等生かというとそうでもなく、
    健康的な明るさと聡明さでとても清潔感があり、好感が持てるタイプの子です。
    なのに、栫のカモセンサー(なんだそれ)が反応してちょっかい出さずにいられないような不均衡な部分があって。
    その危うい部分を、栫は攻撃するんです。穏やかに、しなやかに、傷付ける。
    どうして栫はこうなんだろう。前作で、志緒ちゃんにもそんなふうだったし。
    志緒ちゃんは抗って対立したけど、嵐くんは抗って、受け入れます。
    それはきっと本能的に、栫の奥底にある根深い喪失感を拾ってしまったから。
    何回傷付けられても、それでも嵐くんが精神的に1番近い距離にいることで栫の態度にも少し変化があらわれます。
    このお話の効果的アイテムは砂時計なんですが、
    それこそ砂が落ちていくように、僅かに静かに変化していく栫に嬉しくなりました。
    文字通り解けていく栫の心に。

    理解の限界を超えた栫の言動とその行為に読むのが辛くなることもあったんですが
    (可哀相とかでなく、なにコイツ意味わかんねぇ的な辛さ)
    読んで良かった、と思いました。
    嵐くんと栫それぞれの過去、それ故の二人の現状、栫の状態、
    どれも悲しくてシビアで、今日明日でどうこうなるものでもないんだけれど
    栫がね、なんとかなったというか……(笑)
    嵐くんに出会えて良かったね、と。
    志緒ちゃんじゃここまでいかなかっただろうなー共倒れしそうだし……、ね!

    栫は幼い頃に、当事者でないと分からないような辛く残酷な出来事があって
    その結果としてこんな常識では考えられないエキセントリックなことをするのですが、
    そこがまた魅力的というか……
    巻き込まれている方々は誰ひとりそんな風には感じてないんですが(笑)
    傍観の立場だからそう思えるんでしょうね。きっと身近に居たらやだもん。
    でも、嵐くんには特別心を許してるんです。ものすごく分かりにくいんですけど。依存、といってもいいくらいの感情だと思います。SOSかと。
    お話の終盤、痛々しさが薄れてきた栫は可愛かったです。
    過去に決着が着いたからなのか
    尋常じゃない素直さで、ぽろりと本音を漏らすところなんかは
    栫の覚悟に感動して、また嵐くんの気持ちの深さにも感動して。
    一穂先生の洗練された文章が美しくて、何回も読み返してしまうほどです。

    挿絵は引き続き竹美家ららさん。
    力強いのに繊細なタッチがすごくお話の雰囲気に合っていました。
    ただ、嵐くんが、わたしのイメージではわりと体育会系というか、がっしり体格で絵でいうなら『花は咲くか』のタケさんみたいな感じをイメージしてたんですが
    挿絵だと菖太っぽかったのが意外といえば意外。





    あとになってハマる利点といえば、スピンオフを間を開けずに読めることですね。
    志緒ちゃんのお話からこの栫のお話が発行されるまで、3年半あるんですよ。
    リアルで触れていたとして、そんな間隔空いてたらここまで感動出来たかな〜?って思います。
    でもきっと栫のこと好きだから(どっちもイケるのね!というゲス発想も含みつつ)
    良かったね良い人に出会えて!って感涙してただろうな(オカン的心境)

    web拍手 by FC2
    にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
    にほんブログ村


    スポンサーサイト

    • 2017.01.05 Thursday
    • 23:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      >通りすがりさま

      ものすごくお返事が遅くなってしまって本当に申し訳ありません。

      こちらこそ辿り着いて下さって、ありがとうございます!
      無事発見して読破のあかつきには
      ぜひ栫仲間になって下さい。

      拍手&コメント、ありがとうございました!
      • 11/29拍手お返事 実井
      • 2016/12/14 4:56 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      参加中

      にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
      にほんブログ村 QLOOKアクセス解析

      web clap

      web拍手 by FC2

      読了本

      記事一覧

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM